Webサイト

常時SSL化 普及しない背景

ホームページの常時SSL化ですが現時点で国内Webサイトの2割程度しか対応されていません。

割合が高い上位業種としては、

・大学が57.0%

・銀行が51.2%

過半数が常時SSLを導入している結果となっています。

※小学校・中学校・高校も42.5%です。

・旅館・ホテル39.3%

・通信販売39.2%

・動物病院38.6%

・専門学校は38.1%

・貸金業やクレジットカード35.7%

・官公庁は35.1%

 

しかも!!

常時SSLを推進するべき業種「通信・インターネット」が38.5%という状況…

これは、「周りがやっていないから大丈夫なのでは…」と思える環境ですね!

しかし、それは違います!

観覧者にとっての安心、安全を求めるサイトであれば常時SSL化は必要です。

 

◯常時SSL化によるメリットは

◇Webサイト観覧者にとって

・サイト間通信暗号化サイトの安全性確保。

・観覧速度アップ

◇Webサイト公開者にとって

・SEO上の優位性

・観覧者に安心を与えられる

・サイト解析が容易となる

があります。

 

◯常時SSL化によるデメリットは

◇Webサイト観覧者にとってはなまったくなく

◇Webサイト公開者にとって

・費用がかかる

・ブラウザ上に「保護されていない通信」、「この通信は安心ではありません」などの

メッセージがアドレスバーに出るため観覧者が警戒して観ない。

・SEO上検索ランキングに影響する。

 

自分の会社、お店のWebサイトが常時SSL化されているかは、

GoogleChromeなどでWebサイトを開くとすぐに分かります。

 

GoogleChromeの場合:

×常時SSL化されていないサイト

◯常時SSL化されているサイト

 

Safariの場合:

×常時SSL化されていないサイト

◯常時SSL化されているサイト

※SSL化されているサイトは鍵マークが表示されます。

 

FireFoxの場合:

×常時SSL化されていないサイト

◯常時SSL化されているサイト

※SSL化されているサイトは鍵マークが表示されます。

 

 

弊社管理のWebサイトは90%対応済みです。(お客様が希望しないサイト以外は対応済み)

 

観覧者のため、そして会社、お店のWebサイトのために常時SSL化を進めていきましょう。

 

参考:日経記事

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36852580U8A021C1000000/